2017年9月7日木曜日

Yoga for the Special Childトレーニングプログラムのご紹介

このブログは、基本的には患者さん向けに書いているのですが、時折知り合いの精神科医やセラピストや高校の同級生(笑)などが「みてるよー」と言ってくれるので、たまにはプロフェッショナル向けにも書いてみます。

Yoga for the Special Childのトレーニングプログラムを紹介します。

「特別なお子さんとヨガをしたい!」「ヨガを通してお子さんと関わりたい!」と思われる方のためのトレーニングです。ヨガの講師、医療関係者、セラピスト、またヨガの経験はなくてもお子さんと接することのある方(親御さん、保育士さん、学校の先生)、特別なお子さんのためのヨガを学びたい方を対象としています。とのことです。

主催者のお一人である、大滝涼子先生は、トラウマ診療の世界ではその名を知らぬものがいない先生でもあります。かくいうわたしも、PTSDの認知行動療法(PE)の訓練を積む過程で幸運にも顔を覚えていただく機会に恵まれたのでした。

大滝先生は和らかく、不思議な雰囲気をお持ちです。もともとのお人柄というのが大きいとは思うのですが、様々なバックグラウンドをお持ちというのも関係しているのではないかと思います。いつぞやのブログにも書きましたが、自分の専門分野以外にも、さまざまな学びと経験を広げていきたいと考えています。それが、結局のところは、自分の臨床の質の向上につながると考えているからです。

ご関心のある方、どうぞお問い合わせください。
ウェブサイトはこちらこちらです。


2017年8月20日日曜日

cocco - Sweet Berry Kiss

今晩は、沖縄出身の歌手、coccoさんのSweet Berry Kissを紹介します。
私は彼女のキャリアの中でも、根岸孝旨さんがプロデュースを担当していた時期が一番好きです。痛みを伴いつつも瑞々しい歌はもちろん、サウンドと録音のクオリティが驚くほど高いのです。良い意味でお金がかかっていて、商業ベースに乗った日本のロック音楽としての、ひとつの到達点なのではないかと思います。

さて、そんな彼女の名曲群の中で、私の一番のお気に入りはこの曲です。なんらかの事情があるのでしょう、曲の語り手は、今は両親との繋がりを失ってしまっているようです。あまり関係も良くなかったような印象も受けます。

全体を通して喪失感に包まれてはいるのですが、曲の最後では、わずかながら差し込む一筋の希望の光を、歌い手はしっかりと捉まえているように思えます。それが、この歌を特別なものにしていると感じます。

------------------------------------------
I'll let you go along the shining blue sky 
I'll let you go along don't look back

But I awoke from a dream 
I call for you over and over again

Blackberries make Daddy smile 
Raspberries make Mommy smile 
Sweet berries make me cry oh cry

I lost my name who am I 
I lost my home where am I 
But I can fly high fly high so far 
So far away

真っ青な空へ飛んでいって
行かせてあげるよ 振り返らないで

だけど、夢から覚めたら
あなたの名前をなんどもなんども呼んでいる

ブラックベリーで父さんは笑顔になるし
ラズベリーで母さんは微笑む
スウィートベリーで私は涙を流す

名前をなくしてしまった 私は誰?
帰るところをなくしてしまった 私はどこ?
だけど 私は高く飛ぶことができる
遠くまで そう 遠くまで
------------------------------------------

それでは、また。


2017年8月13日日曜日

心理療法の流派について

心理療法とひとくちに言っても、様々な流派があります。
精神分析、認知行動療法、対人関係療法、来談者中心療法、EMDR、などなど...。

私はそのなかのひとつ、認知行動療法を専門としているのですが、実は認知行動療法の中にも様々な学派・流派があり、もう何がなんやら...という感じになっているんですね。

そんな中で、私が最近お気に入りの精神療法家は、John C. Markowitzという精神科医です。彼が専門とするのは対人関係療法という心理療法なのですが、認知行動療法の訓練・実施・指導経験もあるようで、だからなのでしょう、非常に柔軟な思考を持っておられるようです。そして、彼の著書を拝読すると、患者さんの利益を第一に考えていることが、文面のあちらこちらからにじみ出ているんですね。ちょっと紹介してみますね。(わかりやすくするために、やや意訳します)

Interpersonal Psychotherapy for Posttraumatic Stress Disorder(2016)より
「あるカンファレンスで、『認知行動療法をディスる野郎』と紹介されたことがある。私はそんなことは全く思っていない。私は認知行動療法の訓練・治療・指導も行なってきているのだ。認知行動療法が効果的であることはわかっている。ただ、認知行動療法が患者さんを治療する唯一の手段ではないと思っているだけだ。」
「心理療法の歴史は、流派間の多くの争いで彩られてきた。だけど、患者さんたちが、最良の治療を受けられるように、心理療法家たちで協力して取り組んでいくべきだと私は思う。」

Interpersonal Psychotherapy for Dysthymic Disorder(1998)より
「心理療法家が、全ての患者を『プロクルステスのカウチ』に乗せて、単一の治療法を当てはめる時代は過ぎ去ったと私は信じている。全ての患者に全く同じ薬を処方する薬物療法家なんて、いないようにね。」

私が主軸とする心理療法は、これからも認知行動療法ですが、認知行動療法の治療効果を増すためにも、幅広い視点が必要と考えています。例えば、複雑性悲嘆をお持ちの方に対して、私は「Complicated Grief Treatment」を行うことがありますが、この治療法は、認知行動療法と、対人関係療法と、動機づけ面接のハイブリッドなのです。認知行動療法のことだけ考えて、訓練を続けるわけにはいかないということですね。

目の前の患者さんに対し、最適な治療は何か。常に自問自答し、訓練を重ねていきたいと考えています。

それでは、また。



2017年7月28日金曜日

Fountains Of Wayne - Troubled Times

世の中で一番ポップな曲をかけてください、と言われたら、私がかけるのはこの曲です。このアルバムの日本盤に書かれてあった宣伝文句は次のようなものでした。

「このアルバムが嫌いになれる人なんて、たぶん心が石でできているに違いない」

私はこういう言い回しを、基本的には好まないのですが、なかなかの売り口上ですね。

私の心は、どうやら石ではできていないようです、たぶん。




2017年7月2日日曜日

開院二周年を迎えました

おかげさまで、昨日で開院二周年を迎えました。

写真は、仲良しの心理士さんがプレゼントしてくれた「御器所こころのクリニック二周年記念特別タオル」です。今治製です!!サプライズでいただいたのですが、たいへんうれしかったです。

私を支えてくださった皆様に、そして何よりも、ご来院いただいた皆様に御礼を申し上げます。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

2017年4月28日金曜日

ハンバート ハンバート  まぶしい人

「すごい、どろどろした嫉妬心があるんです。そんな自分が嫌になります。これ、どうしたらいいんでしょうか?」

私が精神科医にになってから、ときどきいただく相談のひとつです。
私は新聞の人生相談担当の作家ではありませんから、気の利いた答えを返すことはできません。

これまで、答えのない疑問につきあたったときに私がしてきたことといえば、優れた音楽を聞いたり、小説を読んだりして、ただただ考えるということですかね。

上にあげた相談について考えていると、最近よく頭に浮かぶうたが、ハンバートハンバートの、まぶしい人、といううたです。

----------------------------------------------------------------------------------
君の悪口でさんざん笑って 家に帰ってひとり落ちこむ
人を押しのけてでも前に行く その強さが僕にもあったなら

君と友だちになる夢を見た 夢の中ではうまくやれてた
口に出さなくても思いはとどく 今度こそはうまくいく気がする
----------------------------------------------------------------------------------

なんとあたたかく、なんと情けないうたでしょうか。
このブログを書くにあたって、改めて聞いてみました。
上記の相談に対するこたえは何一つ浮かびませんでした。
けれど、まあ明日も生きていこう、という気にはなりました。

それでは、また。




2017年4月10日月曜日

こころの検査について

例えば高血圧の方が、降圧薬を飲みはじめたとします。その薬が効いているのかどうかは、血圧の推移をみればわかりますよね。また、糖尿病なら血液検査をして、血糖値やHbA1cの推移をみれば良いわけです。じゃあ精神科はどうなのでしょうか?

もちろん、精神科にも症状の程度を表す尺度が、精神障害ごとに存在します。例えば、うつ病ならHAM-D、BDI-II、QIDS、パニック障害ならPDSS、社交不安障害ならL-SASといった具合です。

当院では、こういった客観的な尺度を、治療の要所要所で計測し、現在の状態や治療の効果を皆様に説明することをこころがけています。とくに、認知行動療法を行う方については、こういった客観的な尺度の測定は、ほぼ全例で行なっています。(より正確に申し上げると、認知行動療法が認知行動療法であるためには、何らかの方法を用いて症状を客観的に測定することは、必須の手続きです。)

まあでも、これって当たり前のことですよね。血圧を一切はかることなしに高血圧の治療をされたらどう思いますか?採血して血糖値を測ること一切なしに糖尿病の薬を渡されたらどう思いますか?どうしても特別視されがちな精神科領域の治療ですが、このあたりは他の科と違いはないのです。(そして、たぶん、高血圧の人の血圧の数値が「単に下がる」ことよりも、たとえばパニック障害の人のPDSSの数値が「単に下がる」ことの方が、価値のあることなのです。この辺りのことについては、別の機会に説明できれば、と思います。)

これまでも、これからも、当たり前のことを、当たり前に行う精神科・心療内科クリニックであり続けたいと考えています。